3ヶ月で年収600万円フツメンと結婚する方法

3ヶ月というショートレンジで、年収600万円フツメンと「普通の結婚」をする方法を書いていくブログ

勝てる婚活!3ヶ月スケジュールの取り組み

今回は、勝てる婚活のためのスケジュールをご紹介します。期間の区切りがないとだらだら続けてしまうので、3ヶ月で区切りをつけて「○○月まで婚活するぞ!」と決めてみてください。「今年こそはダイエット」みたいに婚活に取り組むといつまでも「結婚したい~」とぼやいているだけになってしまいますよ。

 

<3ヶ月のスケジュール>

3週間で1ターン×4=3ヶ月

 

<ターン目標>

ターン1、スタートラインの外見を矯正。大人数の婚活パーティに行く

ターン2、外見はダイエット。婚活アプリでトークを磨き、少人数パーティに行く

ターン3、婚活市場を分析。内面矯正の大きいネタ作りに励む、1対1の婚活に行く

ターン4、週に2回は婚活の場に出向く、できれば他に身近な出会いの場を作る

 

ターン単位で流れを決めます。ダイエットでも1週間じゃ断食しないと目に見えて成果出ないですよね。それと同じで、「女磨きをしよう」と決めたら3週間はやり遂げてください。そしてそれを4回やったら2ヶ月です。1つの季節が変わらないうちに一回終わらせてください。「あんなにやったのに」という気持ちが芽生える前に、どうしたかったのか・今後どうしていくべきかを検討する必要があります。

 

婚活のコツ

 

ターン①スタートラインの外見を矯正。大人数の婚活パーティに行く

 

前回記事で紹介した外見・第一印象の最低ラインをクリアしてください。

 

モテる第一印象を把握する。服・髪・顔の3要素

 

「もうOKですよ」という人も、最近服買いましたか?美容院行きましたか?化粧品変えてますか?最初の2週間はお金と時間を使って「目に見える女磨き」をしてください。そしてトリートメントやパック、部屋の掃除、生活リズムの改善などをここで習慣化させてください。モテるためといっても、最終目標は結婚です。胸を張って「いい嫁になれます!」と言えるよう、部屋はきれいにし朝から自炊をするくらいは女を整えておきましょう。

 

そして、空いている週末で最低1回は婚活パーティに行ってください!戦いが始まります。他ターンの目標を見ていただければおわかりかと思いますが、婚活の場は「最初は大きく、だんだん小さく」が鉄則です。50~300人のパーティに出向き、可能性をまず感じてください。

 

少し平均年齢が低くても構いません。「出会いを求めている人がこれだけいる」という場に出て、かっこいい男性を見つけてください。相手の職業なんて気にせず、「かっこいいかどうか」だけを見てください。意外とたくさんいますよ、かっこいい人。大人数のパーティはクラブ状態で、友達と着ている人や冷やかしもいます。なので顔レベルは高く年収等は低い傾向にあります。どちらも高い完璧な旦那候補を見つけるには、まず小物に慣れておくことです。ここで他の女性がどんな格好をしているとモテるのか?どんな話を振られるのか?がわかります。そしてできれば友達を誘っていってください。恥ずかしがらずに無理やりでも!このレベルのパーティなら「安く飲めるから遊びでおいでよ」くらいで結構みんなついてきてくれますよ。

 

 

ターン②外見はダイエットで、トークは婚活アプリで磨き、少人数パーティに行く

 

即効性のある外見磨きが終わったら、時間のかかる身体作りに取り組んでください。ダイエットというよりは身体作りです。「健康的な身体」を目指し、太っている人は痩せて、痩せている人は太ってください。ちょっとぽっちゃりくらいでも大丈夫です。

 

婚活には、少し踏み込んで人数の少ない20~50人のパーティに行きましょう。テーブルについて、グループでお話するようなところです。ここで大切なことはトーク!「こう話していれば」「ここで盛り上がりたかったのに」という反省点をたくさん見つけて打ちのめされてください。「そんなのないよ」という人はそれ自体を反省してください!人と楽しく食事をしようと本気で取り組めば、必ず反省点はあるはずです。

 

そして初対面の人との会話も引き続き磨くため、婚活アプリに登録してみてください。実際に出会う必要は、そこまでありません。「どんな仕事してるの?」「どこに住んでるの?」といったありきたりな質問を毎回される、ということに慣れ、自分なりの鉄板トークを磨くために登録してください。オススメはペアーズとティンダーです。これらについては別記事で書きます。

 

 

ターン③婚活市場を分析。内面矯正の大きいネタ作りに励む、1対1の婚活に行く

 

さあ、後半戦です。ここまで4週間、最低4回は婚活の場に出向いている予定になっています。4回出れば、だいたい「こういうパーティはこういう感じ」というのが掴めてきているはず。例えば「最低年齢に近いほうがモテる」とか「渋谷より恵比寿の方が良い男が多い」とかですね。それを踏まえて「こういう男性と出会うにはこのパーティ」といった目星や、「最初にダメ男防止の予防線を張ろう」と作戦を練ったりしてください。

 

そしてターン2で見つけたトークの反省点を克服すべく、トークの大ネタになる「事実」を作り上げてください。本好きで推すなら本を5冊読む。アウトドア好きならキャンプに行く、など結構時間のかかることです。そのネタを携えて、1対1で話せるような見合い式の婚活の場に出てみましょう。それがウケてもウケなくても、熱く話せるネタがあるということはとても重要です。サラっと終わることだけでなく、あなたの人となりやそれに共感してくれるかどうかがわかる会話をするのがここでの目的です。

 

 

ターン④週に2回は婚活の場に出向く、できれば他に身近な出会いの場を作る

 

ラストは、力を振り絞ってできるだけたくさんの人と出会ってたくさん話してください!1対1で話せるものでも、パーティ形式のものでも構いません。いい女になったあなたをできる限りの人に売り込みましょう。出会ってもそんなにデートする時間がない、という場合は「本当に残念なんですけど、直近は仕事がばたばたする予定なので、必ず1月後にお返事します」と誠意を持って言えば後日連絡でも全然大丈夫なものです。男性は仕事に寛容ですから。

 

そして、できれば他に身近な出会いの場、同窓会や新しい出会いのある飲み会に出向いてください。これはモテを狙って乱発できる技ではないので、いい女になった最後のターンで開催することが理想です。見た目も変わり・最近できた趣味もあるあなたで臨んでください。ここでは「彼氏いないんですよ~」から一歩踏み込んで、「もう婚活しそうですよ!アプリとか!」と言うと結構声かけてくれる人出ますよ。もしくは婚活仲間ができたりとか。収穫も多いので幹事になる・友達に頼むといったリスクを負ってでも開催してください。

 

 

ここまでで2ヶ月、長いターンをかけてモテる女になり、婚活テクを磨くスケジュールをご紹介しました。大前提として、途中で出会ったとしても婚活をやめずにデートと並行して続けてください!

 

次回からは、それぞれのターンごとのテクニックを紹介していきます。まずはターン1からずっと使うであろう「初対面での会話」について!

 

出会いの場で良く聞かれる質問に、好印象+会話が弾む答えをマスターする!